読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠い・寒い・帰りたい

多趣味で自由な人間です。色々なジャンルのブログを世に生み出します。助手:マイケル

【音楽】UVERworld

 

 

明日、振り返りのブログは、別途書きます!!

これだけは絶対やります。

こんだけブログさぼっといて・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼お久しぶりです。

 

 

先ほど、newPCを手に入れて、処理速度が過去最高潮で、非常にテンション上がっております。

 

ほんまいい買い物したわ・・・

やっと部屋でテレビも見れるし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼さて、今日は年末で世間は冬休みというのにも関わらず、モチベを上げて新年を迎えようぜって感じで私の高校時代からのモチベの糧になっているUVERworldについて語りたいと思います。

 

 

 

先日、12月25日、世間はクリスマスでウハウハしている中、行ってきましたよ・・・

 

f:id:jaaaaagn:20161231003502j:plain

 

 

武道館!!!いやっほう!!!

 

 

 

 

席は・・・

 

 

 

 

f:id:jaaaaagn:20161231003507j:plain

 

 

 

 

 

 

過去最大に近いwwww

パンヨッシャキタwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

▼セトリ

 

THE ONE

7th Trigger

I LOVE THE WORLD

WE ARE GO

エミュー

Wizard CLUB

LIMITLESS

CHANCE!

Forever Yong

魑魅魍魎マーチ

ENERGY

ace of ace

一滴の影響

ALL ALONE

7日目の決意

君の好きなうた

和音

over the stoic

CORE PRIDE

ナノ・セカンド

PRAYING RUN

零HERE

IMPACT

LONE WOLF

在るべき形

おまけ:パーフェクトヒューマン(社長)

 

 

 

 

 

 

最近の曲が多く、僕の理想なセトリではありませんでしたが・・・

 

 

 

ALL ALONE って曲に、思わず感動。

 

 

 

 

特にここ。

歌詞の一部。

 

 

この世界の一番最低で本当に許せない所は 

その本当にこの世界で起きてる最低な出来事は

表現させない 歌わせない

 

いつかこのままじゃ掴めずとも伸ばした手も

おろしてしまうんだろう?

そしていつかこの許せないと言って泣いた

意味も夢も忘れていくの?

 

 

 

 

 

 

 

・・・まさに日本の世界の現実。

 

 

 

 

子どものころ、どうして大人はこんなつまんないこと考えるんだろう?

どうしてああしないんだろう。

 

どうして過ちを犯すんだろう。

 

 

 

 

そう思っていても大人になれば、気づいたら夢も希望も失い、ただ生きるために金を稼ぎ、安定を求める。

 

悪いことをしても社会のためだと隠し、偽った顔で生きていく。

 

 

 

 

 

ふむふむ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、UVERはとにかく

歌詞がいいです。

 

 

 

 

 

 

▽AWAYOKUBA-斬る

 

 

 

誰もが送る日常を犠牲にして咲かす花は美しい

ただ僕はそれを見せたくて太陽に手を伸ばす

 

 

 

 

 

UVERはアーティストとしてこんなにも成功しましたが、そのためには一般人にしか過ごせない生活を犠牲に、時間を犠牲にしました。

しかし、そんな犠牲の先には美しい、最高な人生が待っていた。

みんなにも決して「普通」でいることを求めるのではなく、夢を持って挑戦してほしい。

そんな意味がこめられた歌詞であると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

▽白昼夢

 

 

 

悲しい過去を忘れさす歌じゃなく、悲しみに立ち向かえる歌を・・・

 

 

 

東日本大震災の後に作られたこの曲。

歌い方を、この歌だけ変えています。

 

 

 

そうです、悲しかった過去を忘れることは決していいことではない。

起きてしまったことはもう、忘れることなんてできない。

 

悲しみを忘れるのではなく、悲しみに対抗できる何かを作るべきである。

 

それがUVERの答えであり、白昼夢という曲であった。

 

 

 

災害だけでなくとも、悲しい過去を忘れるのではなく、悲しみに立ち向かえるような何かを作ることを大切にするべきだ、そんな意味が込められていて、とても深いと思います。

 

 

 

 

 

 

▽在るべき形

 

 

他の誰かの正解は、僕の答えじゃない。

それぞれの複雑な数式はきっと僕はもう見つけたから

 

 

 

 

 

 

最初この曲を聴いたときは、うーんって感じでしたが、この部分が非常に心に来ました。

 

 

人間というものは、どうしても答えを求める。

世間でいうと、何が常識か。

どういう生き方が常識なのか。

 

 

 

・・・違う。

そうじゃない。

それぞれの生き方があり、ほかの誰かの生き方が答えではない。

 

 

それぞれの在るべき生き方がある。

 

 

だから、もっと自分の夢を見ろ。

そんな意味が込められていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

▽ハイ!問題作

 

おお見てろよ絶対に俺にしかできないことやってやる

言いにくいことも行ってやる いいじゃんか

マニュアルさかさまに読むくらいが

 

 

 

 

 

 

非常にふざけた曲ですが、良い歌詞です。

 

マニュアル通りの生き方なんか、つまらない。

逆にしてしまうくらいの生き方ぐらいのほうが、良い。

 

そんな意味が込められていると思われます。

 

 

 

 

 

 

▽MONDO PIECE

 

 

正しいことが幸せと限らないでしょ

たくさんの間違いをして愚かでも純粋に

誤解されたって理解の紐を解いていこう

 

 

 

 

やはり、UVERは世間でいう正しいこと、常識、答え、それがすべてではない、そう言いたいんでしょう

 

この曲、めっちゃ良いです。

 

 

 

 

 

 

 

▽CHANCE!

 

 

叶うはずないあの日の夢がいまだに胸の中

瞬くからいつだって時は最初まで戻れる諦めないで追いかけ続けて

 

 

 

何回このフレーズに助けられたことか・・・

 

 

 

僕は夢を見がちな人間で、何回も挫折を経験してきました。

いまだに諦めきれないことなんか、たくさんあります。

 

ただ、日常を壊すのが、怖いです。

 

でも、UVERのような成功者が、いつだって時は最初まで戻れるといっている。

 

 

だったら、もう一回頑張ってみようかな・・・

そう思えます。

 

 

 

 

 

 

▽撃破

 

 

他人にしちゃ価値がなくたって誇れるものが

自分を唯一撃破出来る、Precious one

 

 

 

 

 

もう、ぐさってきましたね。

 

この曲、受験生の時に泣きながら聞いてました。

 

今でもつらい時に聴いてます。

人生で一番聴いた曲です。

 

 

何かを頑張っているとき、

「あれ、こんなんでいいのかな・・・・」

「みんなとは違って不安だな・・・」

「こんなんで成功するのかな・・・」

 

 

とか思うとき、たくさんあります。

 

 

 

さらには、結果が伴わないときもあります。

 

 

 

 

 

しかし、結果がすべてではない。

それは一つの経験、一つの誇りとして次につなげればいい。

 

 

他人に価値がなくたって、自分という媒体に刺激を与えるような経験。

 

それは誇れるものである。

 

 

それこそが、preciousなものであると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽以上、とりあえず、歌詞が良い。

 

あ、ちなみにまとめてありますので・・・

 

 

matome.naver.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UVERは、とにかくかっこつけてないのに、めちゃくちゃかっこいい。

 

 

世間的にみったら中二病チックに思えることもあると思うけど、それは確実に誤解である・・・

 

 

 

 

とにかく、本気で人生を楽しんでることが伝わってきます。

 

そして、人生で大切にすべきものも自然と伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽僕は果たして人生を最高に過ごしているのかといわれると、否定します。

 

 

非常に無駄が多く、努力もなくただ平凡と生きているような、最近は特に感じます。

(明日の記事は仕事のこととか書きますが)

 

 

 

 

僕は思います。

確かに人生の価値なんて客観的に比較はできないし、何が正解かなんかない。

 

 

 

 

でも、自分が死ぬときに

 

「あぁ、良い人生だった」

 

 

と思えること、それが勝ちじゃないですか??

 

 

 

 

おそらく、UVERのボーカルであるTAKUYAはそう思えるような人材だと思います。

 

 

 

てか、これだけは断言できます。

 

 

 

 

今、一番尊敬しているのは、TAKUYAです。

このような人みたいに、生きてみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、明日長文書く予定なので、今日は終わりzzzz