眠い・寒い・帰りたい

多趣味で自由な人間です。色々なジャンルのブログを世に生み出します。助手:マイケル

乃木坂46のとある女の子のお話し。

 

 

 

 

お久しぶりです。

 

 

もう、放置しまくりですね。

 

 

そろそろ、また再開したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は特別篇(なんだなんだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、こんなお知らせが。

 

 

 

 

 

 

 

 

sarattosokuhou.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの、西野七瀬さんが文春に。

 

 

 

 

ã西éä¸ç¬ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

引用元:https://nonno.hpplus.jp/article/4986

 

 

 

 

ひえええええええええ

 

 

正直、

「マジか。笑」

というのが第一の感想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、かなり西野さんを推していることもあって

いろいろ考えることはあるのですが

ちょうどこの前西野さんの記事を書こうと思って下書き保存してたので、

まずはそちらを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

==================================

 

 

 

 

 

~西野さんとの思い出~

 

 

 

 

 

西野さんと初めて出会ったのは、2016年1月のこと。

意外とだいぶ最近です。

今でも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ書き始めたころ、

記事にもしましたが

本当に、大学卒業前のブログのネタ目的で行った乃木坂の握手会で

見事西野七瀬さんと出会ってしまいました。

 

 

 

参考記事

jaaaaagn.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、僕は白石麻衣さんと生駒里奈さんしか知りませんでしたので。

 

 

 

 

 

 

 

高校生~大学生の頃に好きだったAKBは

ヲタクというよりファンだったので、

イベントには一切行ったことがありませんでした。

 

 

 

 

初めてのアイドルとの握手会は、そこでした。

 

 

(まあ、正確に言えば元AKBの大島麻衣とは何かで握手したことあるんだけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はどのアイドルでもいいと思ってたので、

ほんとにHKTの握手会とどっち行くか迷ってました。

悩んだあげく、結果、乃木坂に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

握手会前にヤフー検索で西野さんの画像を試しに検索してみましたが、

「可愛くないな。」

そう思いました。ごめんなさい、正直に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、生で見た時に

「はぁ!?何あの天使・・・」

と思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は初めての握手会で握手はしておらず、

隣のレーンからのぞいた程度(てかそれで推すのも何だよって話だが)

だったので、1か月後にまだ社会人なる前ということもあり、

モチベが消えないうちに、と思い実際に握手会にまた行ってみることにしました。

(ネタ目的だったのに、西野さんが気になってしまってしょうがない状態に)

 

 

 

 

 

 

行動力がありすぎるので、京都まで赴く。

 

 

 

 

 

 

 

◎初めての西野七瀬との握手レポ(内容はうろ覚え)

(2016年13枚目シングルの全国握手会2月)

 

私「こんにちは」

西「こんにちは~」

私「・・・」

私「また来ます()」

西「はーい」

 

 

 

 

 

数秒の出来事。

 

しかし、初めて西野さんと握手したあの瞬間は、忘れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、最初は

「可愛いな」

としか思ってませんでしたね。正直。

中身も何も知りません。

 

 

 

 

 

なので、飽きっぽい僕はおそらく半年もすれば

自然と飽きるだろうと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、いろいろここから過去の番組や雑誌の記事を次々と見て、

より一層西野さんに興味が湧くようになりました。

まぁ、最初はバンジーの動画ですかね。

本当に「まじか、この人なんかすごい」って思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな大人しいそうで控えめな姿なのに、

中身なんでこんな強いんだ。

一言でいうなら、そんなところに惹かれた。

 

 

 

 

 

 

 

僕はそんな中、

僕「一度、ライブに行ってみたい。」

そう思い、初めて8月にライブに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

そこで僕が感動したのが、

最後ステージから捌けていくときに、必ず

西野さんは深いお辞儀をしていることが目に残りました。

 

 

 

 

 

 

 

僕が知った時の西野さんは既に莫大な人気を得ている時でありました。

けど、しっかりとファンにお辞儀。

謙虚なのか、誠意を示しているのか。

そこもまた惹かれていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この時点ではまだ西野さんと

直接会話をしたことがほぼない状態。

あくまでステージ上の存在。

 

 

やっと会話の機会を得たのは、9月ごろ。

気になりすぎて、どんどん追い始める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎15枚目シングル 全国握手会9月(西野さんとの2回目の握手)

 

私「こんにちは!」

西「(ニコ)」

私「なぁちゃんって、いつもライブ後にきちんとお辞儀してるよね?」

私「そういうところ、ほんと好きだよ」

西「そうなんよ、〇▼□(聞き取れず)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうところが本当に好きだな、と思ったので、伝えてみたのです。

しかし、何言ってるか聞き取れませんでした()

すごい食う気味で話してくれて、非常にうれしかった印象が残っています。

 

 

 

 

 

そして、この時の握手会はとても空いていた(今では考えられない待機列10分くらい)ので、もう1回行ってみた。

 

 

 

 

私「やぁ、そういえばr」

西「あ、さっきおったな~」

私「!?」

私「えっと、、、」

私「来週、横浜行きます()」

西「うん!」

 

 

 

 

西野さんほどの人気なメンバーなんか、ファンのことなんか

昔からいるような常連じゃないと覚えるなんて在り得ないことだと思っていたので、びっくりです。

しかも、ここから一回も忘れられたことがなかった気がします。

 

 

 

 

 

 

人気が出たから自惚れてるんじゃなくて、

初心を忘れずに対応してるかな、そう思ってました。

少なくとも非常にうれしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからはもうずっと西野さんをずっと追ってきました。

 

 

僕は握手会ももちろん好きですが、

ライブで踊る西野さんが大好きなので

ライブは全国どこでも応募して、

かなりの数に行きました。

西野さん念願のユニバライブとかそういえば行ったな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

握手会では今ではたわいもない話もするし、

将来について話すこともよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

基本ネガティブであっても、芯はいつも強くて、

将来のことについて悩んでて、

とにかく真剣なところ、そしてそれが中途半端では決してなく、

しっかり結果として残しているところ。

 

そこが自分と全く違く、ものすごく尊敬をしています。

 

 

 

 

 

 

 

何より、あの笑顔をたまーに見るのが

非常にモチベになっています。

 

 

 

 

この2年間、比較するとかなり短く、なんなら西野さんがとにかく頑張ってた時期を知らないのではありますが、

この短い期間で西野さんからもらったものは僕自信沢山ありすぎて、言葉には正直表せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ==============================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻しますが、昨日とある噂が発表された後、

僕は正直特にショックではなかったです。個人的には。

 

 

情報が不確定ってのもありますが、

何より業界でやってく上仕方なく、って感じの関係とかだったのかな?とか思ってます。

 

 

(何より社会人になってから、社会の裏事情とかを知るようになってしまったので)

 

 

 

 

でも西野さんからもし起こしたことであれば、それは西野さんの意識が足りない、軽率だと断言しますし、何よりガッカリですね。正直、西野さんはこの手の類には絶対踏み入れないと思ってたので。

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ともあれ不確定要素多数なので、とりあえず「マジかぁ~」程度だったのが第一印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、何か言うのもあれだしな~って思ってずっと乃木坂が好きな人、西野が好きな人等の反応をずっと傍観していました。

 

 

 

 

 

傍観しているうちに、いろいろ思いました。

 

 

 

 

 

まず、

ずっと応援してきた方々達がひどくショックを受けているようなことを

見ていたら、すごく悲しくなりました。

 

 

 

 

また、

やはり自分が推してきた人がここまで叩かれたりするのは、

重ねて悲しくなります。

 

 

 

でも、叩かれるのは当然なことだな~って。

他のメンバーが好きな人から見れば、

一言でいえば「迷惑」ですよね。

もう、他のアイドルグループとは違って

国民的アイドルなんですから、

何かあれば、すぐ情報は流れて好感度は下がります。

ルールを破ったとかそんなんじゃなくて、

好感度商売でもありますから。

 

 

 

 

 

また、西野を見たこの先の人たちが

「あ!スキャンダル起こした人だ!」

って思われると思うと、悔しくてしょうがないです。

古くから西野さんを追ってきたわけでもない僕が言うのもあれですが、

ここまで上り詰めて結果を出したのになぁ~って。

自分が尊敬している人がこう見られるのは、正直嫌です。

 

 

 

 

 

 

あと、他メンバーからは何を思われているのか。

ただでさえそこまでグループの中でも

誰からも親しまれてるってわけでもないと思うので、

もしかしたらバッシングを受けているかもしれない。

でも、それはしょうがないとしか思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、この件を正当化する理由はないです。

悪いことは悪いとしか思えません。

 

 

 

 

 

 

今まで西野さんの笑顔でどれだけの人が救われたことか。

同時に、逆に今はどれだけの人が傷ついたことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、結論を言ってしまうと、

僕はどんな西野さんでも受け入れてしまうでしょう。極端を言えば、殺人でも起こさない限り。

 

 

それだけ、西野さんからもらったものが大きいです。

何をもらったとか、言葉では表せないんですが。

 

 

かといって擁護するつもりはないです。

そもそも僕が擁護したところで何もなりません。

 

 

いつも通り、西野さんを追ってくだけです。

 

 

 

 

 

 

 

たとえみんなにバッシングをされたり、

「え~あの西野なんか好きなの?」とか言われても

西野さんのことを嫌うことは絶対にないでしょう。

 

 

 

・・・まぁ、正直西野さんからもらったものが大きい人なんか、

いっぱいいるのではないでしょうか。

そんな人たちは、僕と同じ気持ちなんじゃないですかね。

 

 

 

この件で失望してしまう人だっているだろうし、それはないだろ~って思うことはないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくは世間からのバッシングにあうと思いますが、

どうか最後の終わり方だけは、誤らないでほしい。

ほんとそれだけ。

 

 

 

 

終わり方だけは、誤らないでほしい。

 

 

今は、それだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、アウトプットしておきました。

 

まぁ、後は静かにしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時に言うのもあれですが、

西野さんの1stフォトブック、すごい素晴らしいので

是非ご覧ください↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上です。

久しぶりの更新がアイドルの話ですみません。笑

 

 

 

 

 

また更新します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【受験】将来の夢って

 

 

 

 

 

どうもです。

 

 

だいぶ久しぶりになってしましたね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今日は世間がおそらく大学入試の終わりたての頃なので、それに関連した記事を書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

大学入試か・・・(遠い目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生の皆さまが見ているかわかりませんが、これは受験生以外の方も見ても損ではないと思う記事なので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=======================================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学受験。

 

 

 

東京大学京都大学旧帝大早慶、マーチ・・・

 

 

 

 

難関大を受ける人もいれば、専門の大学を受ける人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、日本の社会の現状、一生学歴というものはどうしても付いてしまいます。

 

 

 

 

 

たかが18歳の1年の頑張り次第で、言ってしまえば将来の選択肢、道筋が決まってしまう、何とも恐ろしい文化です。

 

 

 

 

 

 

 

 

決して、「学歴だけがすべてじゃない」という言葉は何気信用ならないものです(笑)

 

 

国家公務員や大手企業に入ると、だいぶこのことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここでケーススタディ形式で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは早稲田大学を志望するも、おしくも落ちてしまい、併願校であった明治大学に合格をいただきます。

 

 

 

 

 

入学しますか?

浪人しますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、ありません。

 

 

そう、第一志望の大学に合格する確率は、難関大にいくほどきわめて低くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1つ。

 

 

 

 

 

 

 

あなたは偏差値45しかありませんが、偏差値55の大学に魅力を感じています。

受けますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、これも正解はありません。

 

 

 

 

自分の丈にあった大学を受験するのも手ですし、ダメ元で挑戦校として受験するのも手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ん?何が言いたいの???

 

 

 

 

 

 

私は、正解が「ない」と断言しましたが。

しかし、私は正解が主観的にはあると考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果に対し、自分自身に納得いっているか。

 

 

これに尽きると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し、恥ずかしながら自分の話をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は高校3年間、部活も行事もどちらかというと、だいぶ頑張っていた方でした。

 

 

そのうえ、授業はろくに聞かず、遅刻ばかりの生活を送っていました。

 

 

 

結果として、高3の7月には偏差値40スタートでした。

しっかりと勉強を始めたのが夏休みから明けぐらい。

 

 

 

 

 

しかし、12月にはセンター試験で英語60点だったのが180点取れるレベルまでに追い込みました。

 

 

 

 

 

浪人は覚悟しつつも、この伸び具合なら第一志望に合格するのではないかと考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月。

併願校は無事合格し、いよいよ第一志望。

 

 

 

 

 

 

 

第一志望の大学ではまず英語の試験から。

 

 

 

 

 

 

 

試験開始

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭が真っ白になってしまいました。

 

 

 

僕は男ながら、試験が終わった後、廊下で泣いてしまったことを今でも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

努力の時間は違えど、あんだけ追い込んで伸びて、努力も出せずに終わってしまう。

 

 

 

なんて悲しい結末なのだろうか。

当時はそう思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、私は併願校は受けたものの、滑り止めは一切受けていませんでした。

なぜなら、よくわからない大学に行くくらいなら浪人した方が納得すると思っていたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、結果としては併願校が合格してしまったので、こちらに入学するのか浪人して再チャレンジをするのかという選択肢になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はこのとき、頭の中では

「努力をすべて出し切れてない」

 

 

 

 

このことしか浮かびませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ浪人すればいいじゃないか。

 

 

 

そう思うかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、浪人して果たして成功するのか?

1年を棒に振らないのか?

 

 

 

 

とにかくこの2点が怖くて仕方なかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時通っていた予備校講師はこんなこと言っていました。

 

 

 

 

 

 

講師「現役で入学した方が、1年分社会人としての経験も積めるし、お金ももらえる。浪人は損だ」

 

 

 

 

 

その言葉を聞いて、「あぁ、やっぱ現役で入学するべきなのか」と思ってしまった自分がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、併願で合格した大学への入学が決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、吹っ切れて大学生活楽しもう!!

 

 

そう思っていたのが、大学入学して数か月。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、大学生活は楽しいです。

 

 

 

 

とっても、楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どうしても努力を出し切れなかったのが悔しくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

7月から、自分は一人でこの現実に泣いてしまいました。

 

 

 

諦めきれなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、私は

 

仮面浪人

 

ということに挑戦することに決めました。

 

 

 

 

 

仮面浪人とは、大学に在籍しながら、受験生となり別大学の受験を行うことです。

 

 

これなら、今の大学というポジションを失うことなく、大学受験が出来ると考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここからが本当に地獄のような毎日でした。

 

 

 

 

もちろん、サークルはすべて辞めました。

 

 

しかし、SNSで楽しそうにエンジョイしている大学生を見つつ、自分は図書館にこもって勉強をする。

 

 

こんなつらい毎日を送ることになったのです。

 

 

 

 

 

また、もちろん大学の単位も所得しなければいけないし、アルバイトも受験料や入学費ためるために行わなけらばならない。

 

 

 

また、友人にはほぼこの仮面浪人をしていたことを明かさなかったので、友達の前では受験勉強が全くできません。

 

 

誘いがあれば何かと理由をつけて断らなければならないし、最悪行かなければいけない。

 

 

 

 

「多忙だね、ノリ悪いね」

 

 

そんなイメージを友人たちにつけられてしまったような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして気付いたら1月。

 

 

 

勉強は続けていたものの、正直全く合格する気がしませんでした。

当たり前です、普通の浪人生の1/5ぐらいしか勉強する時間がないのですから・・・

 

もちろん、勉強時間だけがすべてではないのは知っています。

事実、現役の頃は普通の人の1/2の勉強量で偏差値を20以上上げたのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願書を出す前、悩みました。

 

 

果たして受験するべきなのか。

 

 

 

落ちるとわかっているのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願書、出しました。

 

 

やはり、ケジメをつけたかったのです。

 

 

 

 

 

 

あの時、頭が真っ白になってしまった。

今度は、努力した分だけ出し切りたい。

 

 

 

 

 

むしろ、合格なんか求めていませんでした。

自分の全力を出し切ればいいじゃないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、本番では頭真っ白にならずに、すべて解ききることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、不合格でしたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が体験談なのですが、果たして私はこの記事から何が言いたいのかというと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、すべてを出し切ることができましたか?

 

 

あなたは、本当にこの結果に満足しているんですか?

 

 

 

 

 

 

の2点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は正直浪人をするべきだったと今でも考えています。

どうしても行きたい大学があった。

たとえクソみたいな志望理由だとしても、自分自身が納得いかないからです。

 

 

 

 

 

たかだか1年を消費するだけですからね。

 

 

 

 

 

その1年と、一生の後悔に比べれば。

 

私は、一生の後悔を選んでしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、浪人して結果が出なかったとしても、その1年間頑張れたら、それは大きな今後の糧になることは、間違いないです。

 

 

 

自分の限界まで努力をし、もうこれまでかっていうところまでいった結果であったら、不満には思わないはずですし、何よりその行動力が今後の生活に必ず生かされます。

 

 

 

 

 

 

確かに、学歴は関係あるかもしれない。

 

 

 

しかし、それはあくまで一つのステータスです。

テニスが上手い、料理が出来る、それらと同じです。

 

 

 

 

 

 

そんなことよりも、努力を費やす過程の方が、ずっと大事です。

 

 

 

 

 

これは、受験以外にももちろん通用することです。

私は、いつも感じております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言いたいことは、こういうことでした。

 

 

努力も出し切れず、満足いかない結果に逃げて立って、後悔するだけです。

 

 

 

 

お金がないから?

現況、たくさんのローンが借りれます。

 

 

親に言われる?

それで果たして自分は納得できるのですか?

 

 

 

 

 

 

 

挑戦することが怖い?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挑戦しない人は一生つまらない人生を送ることになりますよ?

 

2016年の振り返り

 

 

 

 

 

2016年12月31日。

 

 

 

 

 

 

気づけば、2016年が終わろうとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、結論から。

 

2016年は、中々のあまり良くない年だったかなと思います。

 

 

ネガティブから入ってしまい、申し訳ございません。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=======================================

 

 

 

 

少しだけ、振り返りを。

 

 

 

 

1月~3月。まだ学生で、卒業を控えていた。

単位がまだ残っているのと、卒論に明け暮れ、あっという間に卒業でした。

 

 

春休みはお金もなく、特に海外旅行にも行かずに人生最後かもしれない長期休暇を過ごしていました。

 

 

とにかく、学生にしかできなそうなことを片っ端からやっていこう。

 

そう思いいろいろなバイトをしたり、アイドルの握手会に行ってみたり、裁判所に金髪で行ってみたり・・・色々やっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

4月。入社式。

 

配属が見事に関東になり、非常に安心しました。

(一人暮らし出来る自信、皆無)

 

 

そして、初めて配属された事務所。

人が良く、非常に安心しました。

 

 

 

4~9月まではその事務所にお世話になり、10月からは新しい配属先でのお仕事に。

 

 

 

学生のころは、本当にこの会社でいいのか?

確かにいわゆる大手の中でも大手の会社であり、安定はしている。

 

この会社に入ってよかったな!そう思えるときも結構ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、あくまで自分は、自分の夢へと近づくために、修行のためと言っても過言ではない目的で入社した会社であり、ずっとここに勤めようとは思っていない。

 

 

 

果たして、自分の夢を忘れることなく、会社でしっかりと仕事ができるのだろうか。

 

そんな不安を抱いていた。

 

 

 

 

 

 

もう9か月がたち、もうすぐ2年目になろうとしている。

 

 

 

入社してから気づいたことは、やはり大手であるため全てにおいて安定している。

給料も良いし、ボーナスは他社の1年目と比較しても未だ上を見てない額をもらったし、色々な面でサポートしてくれるし、何より人がいい。

 

特別忙しくもなく、会社から帰ったら趣味を楽しむ時間もある。

 

気づけば、人並み以上の生活が送れている気がする。

 

上司を見ても、お金持ちの人が多く、このまま勤めれば、年1000万は固いんじゃないかって思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、僕は果たしてこの生活でいいのだろうか。

と毎日のように思っています。

 

 

 

 

 

 

仕事内容は、1年目であるから雑用ばかりで、何もタメになる仕事がない。

毎日、先輩や上司の下請けをしているような気分である。

 

そして、周りの人たち。

良い人が多いのは事実であるが、みんな育ちがよく、少し固定概念が強いことが否めない。

 

 

そして、社会人になってから、自分の私生活が変わってしまったことである。

金銭面で余裕ができたため、趣味にお金をすごく費やすようになったし、仕事がつまらないからこそ、その時間以外を充実させないと、モチベが持たない。

 

 

モチベ・・・

 

 

 

 

そう、仕事に対するモチベが全くない。

 

 

 

なんでこの会社で働たらいているのか。

会社で何をしたいのか。

どんな目標を掲げているのか。

 

 

 

全てにおいて、無である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えば、僕がこの会社に入社したのは、正直言ってしまえば行きたかった会社に実力不足で振られてしまったことで、足りなかった力を他社でつけてこようと誓ったからである。

 

 

特に

・社会人基礎力

・英語力

・営業力

・グローバルマーケティング

 

 

を鍛えたい。そんなことを思い、入社した。

 

 

 

 

 

この力を得た後に、やりたい仕事に就こう。そう思っていたのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今となってそのような力が全くついている気がしない。

 

 

 

むしろ、ドンドン大手の安定さに、人生の楽さに、飲み込まれてしまっているような気がする。

 

 

 

言ってしまえば、僕の会社は世間でいえば、理想的な会社であるのは確かである。

高給マターリに近い(そこまで給料特別高いわけではないが)

 

 

 

 

 

 

でも、僕はやはり、やりたい仕事につきたい。

 

 

そんな思いが未だに消えていない。

 

というか、このままこの会社にいたら、そのような野望が消えてしまうのかもしれない。

とにかくそれが怖い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくブラック企業に就職してしまった人は、会社が辛くて辞める人が多い気がする。

転職したい。業界変えたい。と。

 

 

 

 

 

 

対して、僕は今の会社が辛いと思ったことはなく、むしろ日々楽しく生活している気がする。

趣味は増えたし、お金も好きなだけ使える。

しかも、将来は明るい。

 

 

 

 

 

でも、このままの生活で人生を終えたくないと、今では思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=======================================

 

 

 

 

 

話は変わりますが、僕は短期的視点な夢と長期的視点な夢があります。

すみませんが、軽く少々お付き合いください。

 

 

 

 

 

そのような夢は、大学生活や就職活動を通して発見できました。

 

 

 

 

 

まず、長期的視点の夢は、

生まれてきた環境、育ってきた環境、その全ての周りの環境に左右されずに人々が「こういうことをやってみたい」と感じたら、それを挑戦できるような環境を作ることをサポートできるような、活動をしたいと考えています。

 

動機としては今まで、数多くの自己肯定感の低い人、どうせ自分にはできないという自信のない人、また、やりたいことがあっても金銭面で挑戦できない人達を見てきました。

 

なぜ、やりたいことができない世の中なのか。

なぜ、お金があるないで差別されるような社会なのか。

なぜ、学歴で物事が決まってしまうのか。

なぜ、子供の時点で夢をあきらめなければいけない人が出てくるのか。

 

 

大学1年生のとき、僕はこのような日本の教育体制に違和感を覚えていました。

 

 

 

 

この、クソみたいな文化を、少しでもいいから変えてみたい・・・

 

 

 

そう思い、この5年間ほどは生きています。

 

 

 

 

 

 

しかし、いざ自分が社会に出ようと思えば、こんなことは到底できない。

 

就職活動では何度も「どの会社に入れば、このようなことが達成できますか」「自分は〇〇という社会問題に対し、コミットしていきたいのでこの会社で実現したいです」など、幾度なくアッタクしていった。

 

 

 

 

 

でも、民間企業はあくまで利益重視である。

 

僕がやりたいこと。

それは利益が出ません。

 

 

 

利益をどうやって出そうか、色々考えましたが、やはりボランティアになってしまう。

 

 

 

 

 

この現実に、僕は就活時代、絶望しました。

 

もう、俺は何もやりたくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、とある会社の説明会で、こんな話を聞きました。

 

 

 

「人々を幸せにするには、まず自分が幸せになること。人の夢を叶えさせる仕事をするには、まず自分の夢を叶えること」

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

僕は、この言葉を聞き、ハッとしました。

 

 

 

 

 

果たして、自分の今の夢は、「夢」と語れるものなのだろうか。

自分自身の夢なのだろうか?と。

 

結局理想に過ぎない未来を掲げているだけで、他己主義に陥っていないだろうか、と。

 

 

 

 

 

 

恵まれない環境の人達の手助けをしたい?

 

 

 

 

 

確かに、叶えたい夢ではある。

 

 

 

 

 

しかし、自分のやりたいこと、自分自身の夢って本当は何なんだろうか・・・

他己主義ではなく、自己中心で考えると、どんなことがやりたいんだろうか・・・

 

そういうことを再度考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで閃いたのが、

自分が発想や開発した企画・製品が日本中、いや世界に広まるような仕事をしてみたい。

そう思いました。

 

なぜなら、僕はこのブログを書いているのも、誰かのためというよりかは自分の発想を広めたいからであるし、今まで何かを企画して、誰かをたのしませることに快感を覚えていたのだった。

 

 

 

そして、この夢は会社に入って実現できる。

製品が売れれば、利益にもつながる。

 

 

 

 

 

よし。

 

ということで僕は玩具メーカーを第一志望に絞り込んだのでした。

 

なぜなら、自分は昔からゲームを考えたり、企画したり、遊び道具を考えるのがとにかく好きだったからである。

自己分析を通し、このことに気づきました。

 

 

 

 

 

ちなみに、この玩具メーカーに入り、玩具の開発に携わること、もしくは営業や企画としてマーケティングをしていくことこそ、僕の短期的な夢であります。

 

 

 

そして、ここで稼いだのち、自分の金でNPOでもなんでもいいから立ち上げ、長期的な夢である利益につながらないであろう、他人も夢を応援するような活動をしたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、現実はそう甘くはありませんでした。

 

見事に、行きたいと思えるような会社には、すべて振られました。

 

惜しかった、とかではなく、完全なる実力不足。

 

 

 

 

それは今まで自分が勉強をさぼってきた、積極的に動くことをさぼってきた結果であった。

 

 

 

 

 

 

 

僕は、またしても絶望的な状態になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ここで諦めたら、人生に悔いが残ると思いました。

諦めることほど、最低なことはないと思っていました。

 

 

 

 

 

 

だから、ブツブツ考えている暇があるなら、実力不足だったところを磨くしかないと思ったのです。

 

 

 

そこで、先ほども申した英語力不足だったり、経験不足だったりをとにかく勉強しようと考えました。

 

 

結果、そのようなことが実現できるであろう、今の会社に入りました。

 

 

 

 

 

でも、先述のように、どんどん夢が遠のいてしまっているような気がしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=======================================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、夢を語れる人が大好きです。

夢や目標に対し、真剣に考えている人が大好きです。

 

 

 

前記事にも書きましたが、UVERworldのTAKUYAは本当に尊敬しています。自分がやりたかったことを実現し、それに満足せず今もなお努力し続け、音楽を本当に愛し、成長している姿、本気の姿にはいつも尊敬の眼差ししかありません。

 

先日のライブで、再度そのようなことを実感しました。

これが本気ってことか、と。

誰もが送るような日常を犠牲にして努力した結果が、あの姿である。

 

 

 

また、最近では乃木坂46が好きになり、中でも西野七瀬という推しメンがいるのですが、その子もまた、尊敬の眼差しをしております。

彼女は最初は本当に目立たない存在でした。

しかし、すべて実力で今、乃木坂のトップに立っております。

彼女の好きなところは、とにかく意思が強く、また将来に対して真剣に考えていることです。

 

 

 

 

この2人は、正直今の自分のモチベとなっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時にそのような尊敬の人物を見ていると、今の自分が情けなくなってきます。

こんな甘ったれた生活を送っていることを、都度都度知らされ続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年。

とにかく、自分の将来の夢へ近づける一歩の年になるかと思いきや、遠ざかってしまったような気がしてなりません。

 

何を努力したかと問えば、何もしてないと答えになります。

 

ただ、楽しい日々を過ごして終わってしまった、と。

 

 

 

 

 

 

 

来る2017年は果たして、どうすればいいのか。

 

難しいですが、今はそれを考えることが優先だと思います。

 

 

 

 

 

 

それは、まず今の生活の改善が求められると思います。

決して仕事を金稼ぎのものだと捉えず、吸収できる経験、知識はとにかくつけることを意識して、行動する。

そして、何より当初の目的であったスキルの習得にもっと執着すべきだと思います。

趣味ばかりにお金を費やさずに、たとえ辛かろうが、もっと努力をすべきだと思います。

 

 

 

 

また、出来るなら会社を変えてもいい気がします。

このまま自分がダメになっていくのであれば、環境を変えてもいい気がしています。

ただ、この待遇を捨てるという行動に、どうしても抵抗が出てしまっているのが否めません。この時点でダメですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず。2016年は反省の年とし、2017年は原点復帰して頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

変な話になってしまい、まことに申し訳ございません。

 

 

 

しかし、あなた自身も再度、問い直してみてはいかがでしょうか?

 

 

果たして、今の生活を送っていて、死ぬときに「良い人生だった」と言えますか?

 

 

果たして、あなたは昔描いていた夢を忘れたりしていませんか?

 

 

会社に利用される人生を送っていませんか?

 

 

現状に満足してばかりではいませんか?

 

 

 

 

 

 

自分のやりたいことを、自信もって語れるくらいがちょうど良いと思います。

決して、社会の闇に埋もれずに・・・

 

 

僕も気を付けます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=======================================

 

 

 

 

 

 

 

って真面目な話ばかりして年越しても、つまんないよね!!!!!

 

 

 

人生楽しもんだ勝ち!!

っていう言葉は好きではないけど、楽しい時間を過ごすことも、大事ですよね!

 

 

笑って年を越そう!!!

 

 

 

 

パン/ヨッシャwwwキタァァァァァァァアアアアアwwwwwwwwwww(高い声で)ウワヤッタァァァァァァアアアアアア

 

 

▼ってことで、

ジャーン(あ、僕のネットでの名前です)氏による、

2016年の振り返りBEST10!!!をお送り致します!!!

 

マイケル「いやっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

 

 

 

 

まずはBGMを付けてください・・・

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼10位

映画「聲の形」に感動

f:id:jaaaaagn:20161231225333p:plain

 

 

 

世間は君の名はでしたが・・・

 

僕は、聲の形派です(真顔)

 

 

 

 

思わず、単行本全巻揃えてしまいました。

非常に良いストーリーです。

様々なことについて考えさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

▼第9位

大人の世界に入る

 

社会人にもなったこともあり、今まで学生では経験しなかったようなイベントや経験をしています。

 

 

あ、これ以上は控えますね(真顔)

 

 

 

 

 

 

 

▼第8位

念願のUVERクリマスライブに参戦

 

 

8年越しの夢を叶える。

知らんババアと連番したのは良い(いや良くねえわバカ)思い出

 

 

 

 

 

 

 

▼第7位

とうとう、テレビが部屋に・・・

 

 

 

今の部屋に住んで17年たちましたが、テレビがありませんでした。

しかし先日、テレビ付きのPCを手に入れたため、好きなだけテレビを見れるようになりました。

 

パラダイスやんデラスゲェ━━━━━━ヽ(*′Д`)ノ━━━━━━!!!!!

 

 

 

 

 

あ、ちなみにNECのリフレッシュPCを買いました。

非常にお得なので、オススメ

 

 

www.itmedia.co.jp

 

 

 

 

 

 

第6位

温泉、整体に目覚める

 

 

時には週6で行くほどに。

デスクワークなため、行かないと辛いのです・・・

 

炭酸泉、ぬるめの温泉の繰り返し、オススメです。

 

 

あと、整体もリフレッシュになるし値段も安いのでオススメです(特に新規は安いです)

 

 

 

 

 

 

 

第5位

体重が過去最高記録更新

 

 

 

 

思えば昔っから、「ガリガリ」やら「骨」やら言われ来た人生だった・・・

 

 

 

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

 

 

なんと、体重がここ数年で8キロ増えました!!

 

 

 

デブではなく、やっと標準体重に近づいてきました!

ありがとう!ストレスですかね???

 

 

 

 

 

 

 

 

第4位

パチスロに目覚める

 

 

 

大学時代のワイ「パチスロやってるやつとかマジ暇人じゃーん、廃人じゃーんクソワロリンwwwwww」

 

 

 

今のワイ「はぁ、はぁ、今日は18k負けか・・・・くそう・・・」

 

 

 

まじで辞めたい趣味です。

絶対やらないほうがいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位

禁煙に終止をうってしまう

 

 

 

およそ3年前に禁煙を開始したのに、とうとう吸い始めてしまった・・・

これもパチスロのせい・・・

死ねよ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2位

乃木坂に目覚める

 

 

 今の僕の趣味の一番と言っても過言ではない、これ。

特に最近のイベント参戦率は普通じゃない。

 

 

 

去年のワイ「アイドルとかキモーイ、ヲタクとかキモーイ」

 

 

 

今のワイ「俺の嫁!俺の夢!にしのななせさあああああああああああああんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん」

 

 

 

 

また、よくオフ会にも参戦し、カラオケでのどを潰し仕事に支障を残すまでに。

 

 

 

ツイターもやり始め、ツイ廃と呼ばれ、一部界隈にはキチガイとも呼ばれるまでに。

 

 

 

 

つ、つらい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして第1位は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドドドドドドッドドドドドドドドッドドドドドドドドドドドドドドドd(ドラムロール)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位 

みんなと出会えたこと!

 

 

 

そう!これを読んでくれるような皆さまに出会えたこと!感謝です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

こういうのダメ?

 

 

え?

つまんねぇ死ねって?

 

 

 

 

 

 

 

∑('0'*)(・・*)(・・、)。・゚゚・(>O<)・゚゚・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論:面白いこと思いつかないので、ガキ使みて笑って年越してください

 

 

 

はい、締め締め~~~~

 

 

 

 

 

 

 

では、来年もよろしくお願いしマイケル!!!

 

 

 

あ、助手変えようかな(現在の助手はマイケルです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、よいお年を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【音楽】UVERworld

 

 

明日、振り返りのブログは、別途書きます!!

これだけは絶対やります。

こんだけブログさぼっといて・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼お久しぶりです。

 

 

先ほど、newPCを手に入れて、処理速度が過去最高潮で、非常にテンション上がっております。

 

ほんまいい買い物したわ・・・

やっと部屋でテレビも見れるし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼さて、今日は年末で世間は冬休みというのにも関わらず、モチベを上げて新年を迎えようぜって感じで私の高校時代からのモチベの糧になっているUVERworldについて語りたいと思います。

 

 

 

先日、12月25日、世間はクリスマスでウハウハしている中、行ってきましたよ・・・

 

f:id:jaaaaagn:20161231003502j:plain

 

 

武道館!!!いやっほう!!!

 

 

 

 

席は・・・

 

 

 

 

f:id:jaaaaagn:20161231003507j:plain

 

 

 

 

 

 

過去最大に近いwwww

パンヨッシャキタwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

▼セトリ

 

THE ONE

7th Trigger

I LOVE THE WORLD

WE ARE GO

エミュー

Wizard CLUB

LIMITLESS

CHANCE!

Forever Yong

魑魅魍魎マーチ

ENERGY

ace of ace

一滴の影響

ALL ALONE

7日目の決意

君の好きなうた

和音

over the stoic

CORE PRIDE

ナノ・セカンド

PRAYING RUN

零HERE

IMPACT

LONE WOLF

在るべき形

おまけ:パーフェクトヒューマン(社長)

 

 

 

 

 

 

最近の曲が多く、僕の理想なセトリではありませんでしたが・・・

 

 

 

ALL ALONE って曲に、思わず感動。

 

 

 

 

特にここ。

歌詞の一部。

 

 

この世界の一番最低で本当に許せない所は 

その本当にこの世界で起きてる最低な出来事は

表現させない 歌わせない

 

いつかこのままじゃ掴めずとも伸ばした手も

おろしてしまうんだろう?

そしていつかこの許せないと言って泣いた

意味も夢も忘れていくの?

 

 

 

 

 

 

 

・・・まさに日本の世界の現実。

 

 

 

 

子どものころ、どうして大人はこんなつまんないこと考えるんだろう?

どうしてああしないんだろう。

 

どうして過ちを犯すんだろう。

 

 

 

 

そう思っていても大人になれば、気づいたら夢も希望も失い、ただ生きるために金を稼ぎ、安定を求める。

 

悪いことをしても社会のためだと隠し、偽った顔で生きていく。

 

 

 

 

 

ふむふむ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、UVERはとにかく

歌詞がいいです。

 

 

 

 

 

 

▽AWAYOKUBA-斬る

 

 

 

誰もが送る日常を犠牲にして咲かす花は美しい

ただ僕はそれを見せたくて太陽に手を伸ばす

 

 

 

 

 

UVERはアーティストとしてこんなにも成功しましたが、そのためには一般人にしか過ごせない生活を犠牲に、時間を犠牲にしました。

しかし、そんな犠牲の先には美しい、最高な人生が待っていた。

みんなにも決して「普通」でいることを求めるのではなく、夢を持って挑戦してほしい。

そんな意味がこめられた歌詞であると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

▽白昼夢

 

 

 

悲しい過去を忘れさす歌じゃなく、悲しみに立ち向かえる歌を・・・

 

 

 

東日本大震災の後に作られたこの曲。

歌い方を、この歌だけ変えています。

 

 

 

そうです、悲しかった過去を忘れることは決していいことではない。

起きてしまったことはもう、忘れることなんてできない。

 

悲しみを忘れるのではなく、悲しみに対抗できる何かを作るべきである。

 

それがUVERの答えであり、白昼夢という曲であった。

 

 

 

災害だけでなくとも、悲しい過去を忘れるのではなく、悲しみに立ち向かえるような何かを作ることを大切にするべきだ、そんな意味が込められていて、とても深いと思います。

 

 

 

 

 

 

▽在るべき形

 

 

他の誰かの正解は、僕の答えじゃない。

それぞれの複雑な数式はきっと僕はもう見つけたから

 

 

 

 

 

 

最初この曲を聴いたときは、うーんって感じでしたが、この部分が非常に心に来ました。

 

 

人間というものは、どうしても答えを求める。

世間でいうと、何が常識か。

どういう生き方が常識なのか。

 

 

 

・・・違う。

そうじゃない。

それぞれの生き方があり、ほかの誰かの生き方が答えではない。

 

 

それぞれの在るべき生き方がある。

 

 

だから、もっと自分の夢を見ろ。

そんな意味が込められていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

▽ハイ!問題作

 

おお見てろよ絶対に俺にしかできないことやってやる

言いにくいことも行ってやる いいじゃんか

マニュアルさかさまに読むくらいが

 

 

 

 

 

 

非常にふざけた曲ですが、良い歌詞です。

 

マニュアル通りの生き方なんか、つまらない。

逆にしてしまうくらいの生き方ぐらいのほうが、良い。

 

そんな意味が込められていると思われます。

 

 

 

 

 

 

▽MONDO PIECE

 

 

正しいことが幸せと限らないでしょ

たくさんの間違いをして愚かでも純粋に

誤解されたって理解の紐を解いていこう

 

 

 

 

やはり、UVERは世間でいう正しいこと、常識、答え、それがすべてではない、そう言いたいんでしょう

 

この曲、めっちゃ良いです。

 

 

 

 

 

 

 

▽CHANCE!

 

 

叶うはずないあの日の夢がいまだに胸の中

瞬くからいつだって時は最初まで戻れる諦めないで追いかけ続けて

 

 

 

何回このフレーズに助けられたことか・・・

 

 

 

僕は夢を見がちな人間で、何回も挫折を経験してきました。

いまだに諦めきれないことなんか、たくさんあります。

 

ただ、日常を壊すのが、怖いです。

 

でも、UVERのような成功者が、いつだって時は最初まで戻れるといっている。

 

 

だったら、もう一回頑張ってみようかな・・・

そう思えます。

 

 

 

 

 

 

▽撃破

 

 

他人にしちゃ価値がなくたって誇れるものが

自分を唯一撃破出来る、Precious one

 

 

 

 

 

もう、ぐさってきましたね。

 

この曲、受験生の時に泣きながら聞いてました。

 

今でもつらい時に聴いてます。

人生で一番聴いた曲です。

 

 

何かを頑張っているとき、

「あれ、こんなんでいいのかな・・・・」

「みんなとは違って不安だな・・・」

「こんなんで成功するのかな・・・」

 

 

とか思うとき、たくさんあります。

 

 

 

さらには、結果が伴わないときもあります。

 

 

 

 

 

しかし、結果がすべてではない。

それは一つの経験、一つの誇りとして次につなげればいい。

 

 

他人に価値がなくたって、自分という媒体に刺激を与えるような経験。

 

それは誇れるものである。

 

 

それこそが、preciousなものであると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽以上、とりあえず、歌詞が良い。

 

あ、ちなみにまとめてありますので・・・

 

 

matome.naver.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UVERは、とにかくかっこつけてないのに、めちゃくちゃかっこいい。

 

 

世間的にみったら中二病チックに思えることもあると思うけど、それは確実に誤解である・・・

 

 

 

 

とにかく、本気で人生を楽しんでることが伝わってきます。

 

そして、人生で大切にすべきものも自然と伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽僕は果たして人生を最高に過ごしているのかといわれると、否定します。

 

 

非常に無駄が多く、努力もなくただ平凡と生きているような、最近は特に感じます。

(明日の記事は仕事のこととか書きますが)

 

 

 

 

僕は思います。

確かに人生の価値なんて客観的に比較はできないし、何が正解かなんかない。

 

 

 

 

でも、自分が死ぬときに

 

「あぁ、良い人生だった」

 

 

と思えること、それが勝ちじゃないですか??

 

 

 

 

おそらく、UVERのボーカルであるTAKUYAはそう思えるような人材だと思います。

 

 

 

てか、これだけは断言できます。

 

 

 

 

今、一番尊敬しているのは、TAKUYAです。

このような人みたいに、生きてみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、明日長文書く予定なので、今日は終わりzzzz

【アイドル】乃木坂にハマってしまった経路②

※本ブログのタイトル

【○○】

は、ブログの内容のカテゴリを示しています。

様々なカテゴリがあるので、そこで判断して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 眠いし、寒いし、帰りたいと思う仕事・・・

まさに

『眠い・寒い・帰りたい』

 

 

※ちなみにこの3ワード検索すれば一発で出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、てかさこのブログの管理画面で

どういった検索でこのブログに辿り着いたかってやつがあるわけなんですけど、

 

 

何が出来たかと言うとな、

 

 

 

 

 

 

 

 

「媚薬 未成年」

 

 

 

 

 

 

 

 

とかが出てきたんだけどwww

媚薬って誰が書いたwwww

ふざけんなwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼では、時間もないので本題に。

 

 意外と前回の乃木坂ネタが好評だったので、続き書きます。

あ、次回からはもとに戻します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は、2月末までの話だったので、3月から。

 

 

 

 

 

 =====================================ーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月

 

 

俺は考えた。

 

 

 

 

 

 

ライブにいきたい!!!

ライブ!!!

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

俺「

 

 

 

 

 

 

8月までライブがないだと・・・?」

 

 

 

 

俺氏、死亡。

 

 

 

4月から社会人はじまり、配属先もどこだかわからん状態なのに・・・

 

 

 

 

とりあえず、8月のライブに申し込みました。

しかし、配属先によっては、いけません。

 

 

 

 

 

 

4月

 

 

 

 

入社式があり、新しい配属先がそこで発表された。

 

 

希望調査票では

 

東京

横浜

名古屋

大阪

神戸

・・・

海外

 

 

 

があり、無論第一希望は海外のインド・・・・

 

 

 

 

ではなく

 

横浜

 

 

に。

 

 

 

 

YO☆KO☆HA☆MA

 

 

なら家が近い。多分。

 

 

 

 

 

名古屋?

なんもなくね?

 

大阪?

たこ焼きしかなくね?

 

 

海外?

 

 

 

 

乃木坂見れなくね???wwwww

 

 

 

 

さすがに英語力皆無、同期の中で学歴がウェイウェイ(みんな早慶上位学部、難関国立祭り)なので、海外はないにしても・・・

 

 

 

万が一、インドとかになったら・・・

 

 

 

しかもインドって・・・

 

 

 

 

大学3年時に行った時に散々な目にあった国であった。

For example,  I had a stomachache......

 

 

 

 

あそこは、アカン・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

▽しかし、逆らえはしないので、祈りに祈りまくり、横浜に祈る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人事部長「ジャーン君は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜!!!」

 

 

 

 

キッターーーーーーーーーーー\(^o^)/

 

 

 

 

 

無事、横浜を獲得すると同時に、乃木ヲタを続けられることを実感。

 

あれ、思わず涙が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして4月はまず幕張の全国握手会が!!

 

 

 

 

 

 

 

ミニライブは安定の最後列で。泣

 

 

 

 

全く見えん。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰と握手しようかなー

んー

 

 

 

 

 

 

俺「あ、まいまい卒業やんけ」

 

 

 

 

僕は西野七瀬推しですが、その次に白石麻衣、その次に深川麻衣が好きでした。

 

 

 

 

なので、最後のあいさつをしにいこう!と列に並びました。

 

 

 

 

 

 

午後2時半くらいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後3時半

俺「一時間経過~あとちょっとかなー」

 

 

 

 

 

 

午後4時半

俺「あれー?2時間経ったなーーーーさすがに長すぎン・・・」

 

 

 

 

 

 

 

午後5時半

俺「え?あれ???????」

 

 

 

 

 

 

 

午後6時

アナウンス「◯◯番の◯◯、本日の握手会を終了致します」

 

 

 

俺「

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょwwwwwまだ誰とも握手してないwwwwww」

 

 

 

 

 

午後6時半

 

俺「やっと出番や・・・クッッソ疲れたンゴ・・・」

 

 

 

レポ

俺「こんにちは」

まいまい「こんにちは~」

俺「今までありがとうございました」

まいまい「コチラこそ!ありがとう!」

俺「では」

まいまい「バイバーイ!」

 

 

終了

 

 

 

 

 

 

俺「

 

 

 

 

 

 

3秒の握手に4時間wwwwwwwwwwwww」

 

 

 

 

握手中、超絶元気が出ませんでしたwwww

 

もう二度と握手会なぞ行かない、そう誓った握手会でした。笑

 

 

 

 

 

次の日に、白石麻衣の握手券がありましたが・・・

 

行きませんでした。

 

ごめんなさい・・・

 

 

 

 

 

 

 

5月

 

 

 

 

飽きっぽい私は

 

 

「うーん、乃木坂もういいかな・・・」

 

 

 

 

と思っていましたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

2ndアルバムが発売し、同時にまた握手会があるとのこと。

 

 

 

 

俺「しゃーない、西野七瀬だけでも買っとくか・・・」

 

 

 

 

と応募してみたのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0枚

 

 

一枚も当たらず・・・

 

 

 

 

 

 

俺「うそんwwwwwwwww」

 

 

 

 

 

 

 

これにはさすがに腹が立ち、早すぎるヲタ卒を視野

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・するものの、西野七瀬生誕祭というものが幕張で開催されるとのこと!!

 

 

 

 

 

俺「これはいくしか・・・!」

 

 

 

会場に早すぎる到着を成し遂げ、生誕祭を観覧。

 

 

 

 

 

俺「

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ、何あの天使、可愛すぎンゴwwwwwww」

 

 

 

またしても、惚れ直す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月

 

 

 

 

 

 

1週目のある土曜日、朝起きて何しようか考えていた時、ツイッターでこんなものが回って来た。

 

 

 

 

 

深川麻衣、卒業セレモニー」

 

 

 

 

横浜で開催するらしい。

 

 

 

 

 

 

俺「

 

 

 

 

 

これは行くしか・・・!!!」

 

 

 

突如の参戦、そして前の方の座席を確保。

 

 

 

 

 

 

卒業セレモニーでは、深川麻衣さん、最後のご挨拶を視聴。

 

 

 

 

 

俺「

 

 

 

 

 

 

 

はぁ、なんでこんな愛されてんの???どんだけいい人なの!!!」

 

 

 

僕は、そう思いました。

 

 

 

 

卒業後はマイペースで考えます

 

 

 

そう何度も焦らしていて、はっきりせいや!!とも思ってた時もありましたが。

 

 

 

深川麻衣さん、あなたの誰からも愛される人間性に、僕は自然と惹かれていました。

 

 

 

正直、西野七瀬とか生駒里奈とかアンチの多いメンバーも乃木坂にはいますが、深川麻衣さんだけはアンチを聞いたことがない。

別に人から嫌われないことが必ずしも良いことではないとは思いますが、誰からも愛される性格というものは自分には到底ないものであり、尊敬すべき点だと感じていました。

 

 

 

 

そんな彼女は、6月中旬に卒業してしまうとのこと。

 

 

 

 

 

一年前の僕は

「アイドルの卒業?はぁ?興味なさすぎてwww」

 

 

 

って感じですが、まいまい卒業時には、さすがに悲しみが忘れられませんでした。

 

 

 

 

 

エコパ当日、仕事を休めず黙々とこなしつつ、泣きそうになりました笑

 

 

 

 

 

まいまい、卒業おめでとう!

何するかわからないけど、そのまま変わらずにがんばってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月

 

 

まじで乃木坂の予定が全くない月。

なぜなら、全国握手会もなければ、握手券は全部ハズレている。

 

 

 

しゃーない、現実世界の女の子と遊ぶか・・・

 

 

 

 

結論:ブスとの会話ばかりに成功

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月

 

 

 

 

 

 

僕「

 

 

 

 

 

 

キッターーーーーーーー俺の夏😂😂😂」

 

 

 

 

 

 

とうとう来ました。ライブの月!!!!!

 

 

 

参戦予定は

仙台1日目

神宮1日目、3日目

 

 

の3つ。

 

 

 

 

 

 

【仙台初日】

 

 

 

 

 

 

俺「

 

 

 

 

 

 

 

 

え、こんな近くで見ていいのwwww」

 

 

 

アリーナ席を獲得した俺氏、思わず涙。

 

 

 

 

 

※ライブ自体は独りで観戦したため、ライブ始まるまでライブスタッフさんの可愛い子をナンパするかどうか10分くらい迷っていた

 

 

 

 

 

 

ライブレポは、別記事にあるので割愛させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台後、思わず感動した僕は

 

 

 

 

 

俺「

 

 

 

 

 

神宮3日全て行きたい!!!!」

 

 

 

 

 

 

そう思った僕はツイッターで頑張って頑張って連番してくれる人を探しました。

 

 

 

 

一週間後・・・

 

 

 

 

 

 

とうとう連番相手が見つかりました!!

しかも定価!!

 

 

しかもアリーナAブロック

 

 

 

 

俺「感謝カンゲキ雨嵐(涙)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神宮1~3日は、途中仕事に行きながらも、なんとか全公演叫び続けました。

 

 

 

 

正直、会場がでかすぎて、全然見えませんでした。

 

 

 

 

 

 

ただ、

楽しい

の一言。 

 

 

 

overtureが流れた時の喜び。

ガルルでのまいやんコール

命は美しいでは思わず踊り

今誰ではこの曲のおかげで乃木坂の世界に入れたという感動

ポピパッパパーの盛り上がり

ハルジオンでは笑い

オフショアガールでは隣の人の汗が飛んできて

ハダサマではタオルのせいで全く見えなく

乃木坂の詩の悲しみ。

最後のおいでシャンプーではもはや声が出ない

 

 

 

 

 

 

 

最高。

乃木坂のライブ、最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何より、8月になってから乃木坂関連の友達が増えだした。

 

ツイッターでは絡んでいたものの、会ったこと無い人ばかりであったこと、僕がオタクに対しての抵抗感(まだありますが笑)と恐怖感があって、絡めていなかったこと。

 

 

しかし、みんないい人!!!!

最近では同年代の方々との交流が増えてきて、とても楽しいです。

趣味が同じ人と話していると、やっぱ楽しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・とりあえず、以上。

 

 

 

 

最後に、いろいろまとめを書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①生駒ちゃん

 

僕は最初、生駒ちゃんを恨んでいました。

 

生駒ちゃんがセンターだったから、乃木坂に目を向けることが今までなかったのではないか??と。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、彼女は素晴らしい人間です。

 

自分の状況、そしてメンバーの状況を全て察知しているところです。

 

自分は握手人気が人気メンに比べてないにも関わらず、選抜に入っているという事実。

彼女は、自分で分かっています。

ネットではすごく叩かれていますが。

 

 

それでも、彼女は負けません。

どんどん、前に進んでいます。

僕はその姿に、思わず尊敬しました。

 

 

そして、辛い状況に置かれているメンバーに第一に声をかけていっていそうなメンバーと言ったら、生駒ちゃん。

 

 

本当に、素晴らしい人間だと思います。

今度、一回会う予定です。

 

 

 

 

 

 

②大好きな曲

 

 

 

僕は、

『命は美しい』

 

という曲がダントツで大好きです。

 

 

踊りが激しく、メンバーが輝いて見えるのもありますが、

歌詞が深い・・・

 

 

 

次いで、今誰、マネキン、ガルル、何も出来ずそばにいる、失恋したら顔を洗え、きっかけ、隙間、ポピパッパパー、大人への近道、そんなバカなが好きです

 

 

 

 

 

 

③ヲタクへの抵抗感

 

 

 

まだ、やはりヲタクが苦手な部分があります。

現実世界の女の子に興味を持たない、ツイッターで下ネタばかりつぶやく、腐女子、ネットでやたら当たりがつよい、キモい叫び・・・

 

 

 

 

ただ、全ての人はそうではありません。

世間の偏見でしょう。

 

 

 

 

いつか、アイドルの追っかけという趣味を堂々と言える時代が来る良いですね(他人事)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・以上!

 

眠いので寝ます。

 

 

 

 

 

 

 

次回予告

ジャグラー対戦記

・最近気になった服

・あなたを懐古厨にさせます(途中まで書いてます)

・どうしてあなたは働くのか(深い記事)

 

 

 

 

今後共、宜しくお願い致します・・・